FC2ブログ







「校長先生とクジラ」 

国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンが制作するネット番組「くじラブ」

終戦直後、市場を作る時には「魚屋、八百屋、クジラ屋」が必要と言われるほど、クジラは人々の食生活に身近なものでした。

しかしここ数十年のうちにクジラの数が激減し、クジラを捕獲の対象から保護の対象と見る大きな変化が起こり、クジラと共存する道を積極的に探り、実行していかなければなりません。
 
商業捕鯨が全面禁止されて以降、国内では調査捕鯨で捕獲されたクジラの肉が流通しておりますが、日本のみが南極のクジラ保護区で絶滅危惧種を含むおよそ900頭のクジラを捕獲している現状を、日本人の殆どの人々が知らず、諸外国から非難の声も上がっています。

これからはクジラに関する国際社会と日本国内とのギャップを埋め、人間とクジラが本当に共存できる道を日本、世界全体で考えていかなければなりせん。

動画

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」

[2007/05/22 14:28] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://totycoco.blog56.fc2.com/tb.php/746-d5680d4c